HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




財務会計と管理会計



財務会計とは

企業の事業活動には、株主、債権者、取引先、そして仕入先等、数多くの利害関係者を伴っていますが、これら利害関係者相互間、とりわけ株主と債権者とは互いに利害が対立する構造となっており、いかにしてこれら利害関係者間の利害を調整するかということは企業会計の重要な命題のひとつとなっています。

そこで、これらの利害関係者に対し営業活動の成果を報告(アカウンタビリティ)し、これら利害関係者相互間の利害を調整するため営まれるものが財務会計です。財務会計は外部報告会計とも呼ばれます。

詳細はこちらの財務会計の利害調整機能をご覧ください。



管理会計とは

利害関係者には、株主や債権者といった企業外部の利害関係者ばかりではなく、経営者や部門管理者といった企業内部の利害関係者も多く存在します。そのため企業会計は、企業外部の害関係者に加えて、企業内部の利害関係者に経営管理に役立つ会計情報を提供する役割も担います。そのために営まれるものが管理会計です。管理会計は内部報告会計とも言われます。



このように企業会計は、誰に対する会計情報の提供を目的としているかにより「財務会計」と「管理会計」とに分類することができます。


財務会計とは


財務会計 企業外部の利害関係者に対して会計情報を提供することを目的とする会計
管理会計 企業内部の利害関係者に対してその経営管理に役立つ会計情報を提供することを目的とする会計






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!