HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




情報会計



情報会計は制度会計とは異なり、法律制度の枠組みに基づくことなく、経済主体独自に自主的に営まれる会計です。したがって情報会計は、そもそもが情報利用者(意思決定者)の情報ニーズに従い、意思決定に有用な会計情報を提供することを目的としているといえます。

また情報会計は、法律の規制を受けないため、より情報利用者の情報要求に応えた会計情報の提供が可能であるといえます。したがって情報会計は、利用者志向的会計として特徴づけられることになります。

この情報会計には、現在でもすでに数多くの企業が取り組んでいる環境保全活動の、それに要したコストと、その活動による効果とをとりまとめて情報開示する「環境会計」や、「IR(投資家向け広報活動)」などがこれに該当します。








当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!