HOME会計原則財務会計財務諸表ダウンロードおすすめ書籍複式簿記


利害関係者の情報要求

企業を取り巻く利害関係者には、株主、債権者、投資家のほか、税務当局や、消費者、そして地域住民、従業員など存在します。これら各種利害関係者の情報要求をまとめると次の通りです。






株主

企業に対する経営資本の委託者として、その企業がいかにその受託資本を管理し運用しているのかという受託資本の管理運用状況を知りたい。

債権者

企業が適正に利益を獲得しており、自分が融資している(貸している)お金が契約通り返済されるに十分な財政的裏付けが企業にあるのかどうか知りたい。また新たにお金を融資する際には当然、融資するお金が将来、確実に返済されるかどうかを知っておく必要がある。

投資家

企業の将来性や収益性からその企業に出資するかどうかの投資意思決定をしたい。現在のすでにその企業に出資しているならば今後も出資を継続していくのかを判断するための会計情報が欲しい。

税務当局

企業がどれくらいの所得を稼ぎそしてどのような財産をもっているのかなどを知りたい。(その上で課税所得又は保有財産に応じた公平な課税を行う。)



財務会計の目的と機能

財務会計の目的
財務会計の利害調整機能

財務会計の構造

財務会計の理論構造
財務会計の目的指向性
会計主体論
会計主体論の歴史的発展過程
企業主体論と企業実体の公準





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2019 会計学を学ぼう! All rights reserved.