HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




会計主体論の歴史的発展過程



会計主体論は歴史的に発展

会計主体論は、歴史的に「資本主理論」から「企業主体理論」へと発展してきました。

これは、企業の大規模化による資本と経営の分離などに伴い、企業をめぐる利害関係者集団が多様化し、それぞれが企業に対し有意義な会計情報の提供を求めてくるようになったことに対して、従来の資本主理論では今日の一般的企業形態である株式会社の会計主体論として適合しなくなったことによります。

企業体理論

さらに今日では、企業の社会的責任を重視し、企業を各種の利害関係者によって構成される社会集団としてとらえようとする「企業体理論」という考え方も一般的になってきています。


参考






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.