HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




企業実体の公準と企業主体論との違い



企業実体の公準(会計公準のひとつ)と、企業主体理論(会計主体論のひとつ)とは全く別の概念です。

しかし、出資を受けた企業が出資者から独立して、その企業に関するものだけを会計計算の対象とする企業実体の公準と、企業を株主や債権者とは別個の独立した存在としてとらえ、会計の立場を企業それ自体に求める「企業主体理論」はとてもよく似ており、この両者の相違点がしばしば問題とされます。


一般的にこの両者の相違は企業実体の公準が会計の対象を限定するための技術的・形式的な概念であるのに対し、企業主体理論はどのような立場から会計が行われるていると捉えるかという会計の立脚点を意味するものである、というように説明がされます。





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.