HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




会計主体論



会計主体論とは

会計主体論とは、企業会計に対する利害関係者の要請と、それに対する企業会計の目的、いいかえれば企業会計の有用性の意味を考える際に、企業をその利害関係者とのかかわりあいにおいてどのように位置づけるかというものです。


代表的な会計主体論は以下の二つです。


資本主理論

会計の主体を資本主とみなし、会計を資本主の立場から考える

企業主体理論

会計の主体を企業それ自体とみなし、会計を企業それ自体の立場から考える

資本主理論 企業主体理論
意義

企業の所有者である資本主を会計の中心におく

企業を株主とは別個の独立した存在としてとらえ、企業自体が独自に権利義務の主体となりうるとする

等式による
表現

資産負債資本
資本等式

資産負債資本
(貸借対照表等式)

資産・負債
の考え方

資産は資本主の所有財産であり、負債は資本主の負担義務。そして資産と負債の差額が資本主に帰属する持分である資本

資産は企業の財産であり、負債資本は企業活動に運用される資本の調達源泉







当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.