HOME会計原則財務会計財務諸表ダウンロードおすすめ書籍複式簿記


期間損益計算の方法

期間損益計算の方法には財産法損益法という二つの方法があります。


 

財産法

財産法とは、ある会計期間の期首時点において企業に存在する純財産と、その会計期間の期末時点において企業に存在する純財産とを比較し、その差額(純資産の増加額)から期間損益を把握する期間損益計算の方法です。

財産法は企業の経済活動の結果獲得された期間損益を会計期間経過後の財産の増加という結果の側面から把握しているにすぎないため間接的利益決定の方式と呼ばれます。



損益法

それに対して損益法とは、ある会計期間において企業が利益を獲得するために行った努力に対してどれだけの成果があったのかを把握し、その差額(儲け)を期間損益として把握する期間損益計算の方法です。

損益法は利益獲得の積極的要因である成果(収益)から、利益獲得の消極的要因である努力(費用)を控除することにより期間損益を把握する方法であるため直接的利益決定の方式と呼ばれます。


関連ページ


損益計算原理

損益計算の意義とその性格
期間損益計算の方法
複式簿記との結びつき
経理思想との結びつき
発生主義会計と現金主義会計
費用・収益の認識原則
費用収益対応の原則





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000 会計学を学ぼう! All rights reserved.