HOME財務会計会計原則会計基準会計書籍学校比較リンク集Excel雛形

 財務会計の解説に戻る


会計方針の注記

固定資産の減価償却の方法

《市場販売目的ソフトウェア》
ソフトウェアは,見込販売数量(見込販売収益)に基づいて償却しており,見込有効期間は3年である.

《自社利用目的ソフトウェア》
ソフトウェアは,定額法により見込利用可能期間である5年で償却している. 

《所有権移転外ファイナンスリース・売買処理》
資産に計上しているリース物件(車両運搬具)所有権移転外ファィナンスリースに係わるものについては,リース期間を耐用年数とし,残存価額をゼロとする定額法によっている.

繰延資産の処理方法

《試験研究費の発生時費用処理・経過措置》
試験研究費は,経過措置により,商法に規定する最長期間で均等償却している

外貨建資産・負債の本法通貨への換算基準

外貨建資産・負債については、外貨建取引等会計処理基準により処理している。

費用収益の計上基準

《割賦販売・対照勘定法》
割賦販売については、回収基準(又は回収期限到来基準)を採用し、割賦代金の回収時(又は回収期限到来時)に売上高を計上し、回収額(又は回収期限到来額)に見合う売上原価を計上する方法によっている。

《割賦販売・修正販売基準》
賦販売については、回収基準(又は回収期限到来基準)を採用し、商品販売時に全額売上高に計上し、期末に未回収の(又回収期限の到来しない)割賦売掛金に対する利益を繰り延べる方法によっている。

長期請負工事に係わる収益の計上については、工事完成基準(又は工事進行基準)を採用している。

リース取引の処理方法

リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンスリース取引については、通常の賃貸借取引に係わる方法に準じた会計処理によっている。

その他の会計方針

消費税の会計処理は税抜(または税込)方式によっている.


キャッシュフロー計算書における資金の範囲

キャッシュフロー計算書上の現金同等物には,取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い,容易に換金可能であり,かつ,価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資を計上している.


会計方針の変更

商品の評価基準を原価基準から低価基準に変更した.その結果,税引前当期利益が○○千円減少した.


資金の範囲の変更

従来取得時から6ヶ月以内に満期の到来する短期投資で容易に換金可能であり,かつ,価値変動リスクの僅少なものを現金同等物として計上していたが,(変更の理由)当期より取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する短期投資で容易に換金可能であり,かつ価値変動リスクの僅少なものを現金同等物として計上することとした.  なお,この変更により投資活動によるキャッシュフロー及び現金及び現金同等物の増減額は××千円減少し,現金及び現金同等物の期末残高は××千円増加している.


記載方法の変更

商品低価評価損の記載箇所を当期より営業外費用から売上原価の内訳科目に変更した.


損益計算書関係の注記
子会社(又は親会社)との取引高

《計規》
売上高○○千円、 営業取引以外の取引高○○千円

関係会社に対する収益・費用

《財規》
売上高○○千円,受取配当金○○千円,支払利息○○千円

《財規》
一株当たり当期純利益は○○円○○銭である


キャッシュフロー計算諸関係の注記

現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
  現金及び預金 100円
  預入期間が3ヶ月を超える定期預金 30円
  現金及び現金同等物 70円

営業の譲受けにより増加した資産及び負債の主な内訳
A社からの譲受けにより増加した資産及び負債の主な内訳は以下のとおりである
受取手形○○円,売掛金○○円,買掛金○○円,棚卸資産○○円,長期借入金○○円

当期の重要な非資金取引
  転換社債の転換○○円


貸借対照表関係の注記

《計規》
商品の一部に時価の下落が著しいものがあるが、原価まで回復する見込みがあるため原価を付している
(財規は追加情報として注記可)

《計規》
建物の償却年数を当期より40年から35年に変更した
(財規は追加情報として注記可)

《計規》
平成○○年満期の新株引受権附社債による新株引受権の残高は○○千円であり新株引受権の行使によって額面普通株式を○○円で発行する
(財規は追加情報として注記可)

取締役及び従業員に付与した新株引受権の残高は○○千円であり、新株引受権の行使によって額面普通株式を○○円で発行する 

《計規》
所有権が留保されている重要な固定資産として○○機械設備があり、その代金未払額が○○円ある
(財規は追加所有権が留保されている重要な固定資産情報として注記可)

売掛金○○千円(○○ドル)、長期借入金○○千円(○○ドル)は外貨建である また、長期借入金の決算日の為替相場による円換算額は○○千円であり、貸借対照表価額との差額は○○円である

土地のうち○○千円が長期借入金○○千円の担保に供されている

当社は得意先A社の銀行借入○○千円の債務保証を行っている

受取手形の割引高が○○千円ある

当社は特許権侵害による訴えを起こされ、賠償義務を負う可能性がある

《計規》
流動負債に記載した修繕引当金は、商法第287条の2に規定する引当金である

《計規》
支配株主(親会社)・子会社に対する債権・債務の表示

《財規》
関係会社に対する債権債務 (長期貸付金,長期借入金以外)

《計規》

取締役(又は監査役)に対する金銭債権(又は金銭債務)の総額は○○円である

《計規》
借対照表に計上した固定資産のほか、リースにより使用している重要な固定資産として○○製造設備がある

《財規》
リース取引関係の注記 

建物から国庫補助金相当額○○千円が控除されている

有価証券から低価評価調整勘定○○千円が控除されている

繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳
  商品陳腐化評価損○○千円

土地再評価法の規定に基づき事業用土地の再評価を行っている.なお,当該評価額に係わる税金相当額を「再評価に係わる繰延税金資産」として負債の部に計上し,これを控除した金額を「再評価差額金」として資本の部に計上している
  再評価の方法 不動産鑑定士等による鑑定評価額
  再評価の年月日 平成12年3月31日
  再評価前の帳簿価額 1000千円
  再評価後の帳簿価額 11000千円

適格退職年金制度に移行した場合の注記

有価証券には、自己株式が○○千円含まれている。…例外法による表示 投資有価証券には、自己株式が○○千円含まれている

《計規・財規共通》
法第290条@項四号に規定する超過額は、○○千円である

《計規・財規共通》
商法第290条@項五号に規定する合計額は、○○千円である

《計規》
一株当たりの当期利益は○○円○○銭である

《財規》
一株当たりの当期純資産額は○○円である





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.