HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




発生主義会計



損益計算書原則一A、発生主義の原則
すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。ただし、未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならない。



発生主義会計

損益計算書原則一Aには、次の3つの意味合いがあると解釈されています。

  1. 収入額基準・支出額基準
  2. 発生主義会計
  3. 実現主義

これらを総合してこの原則は、損益計算の基本構造としての発生主義会計の採用を要請していると一般に解されます。詳細はこちらをご覧ください。



その1:収入額基準・支出額基準

・・・すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、・・・

この部分は損益計算書に計上する費用及び収益の金額について、費用については支出額、収益については収入額に基づいて測定することを要請しています。これを収入額基準、支出額基準といいます。



その2:発生主義会計

・・・その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない・・・

この部分は費用及び収益を発生のタイミングで損益計算に計上すること、すなわち発生主義会計の採用を要請しています。発生主義についての詳細はこちらをご覧ください。



その3:実現主義

・・・未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならない・・・

この部分は収益の認識について実現主義を採用することを要請しています。実現主知についての詳細はこちらをご覧ください。



理解度チェック!

収益の計上は実現主義によって行われるのが原則であるためいかなる場合であっても発生主義によって収益の計上は認められていない?


------------
 ▽ 解 答
------------
? 工事進行基準のように発生主義によって収益の計上が行われる例外もある。



理解度チェック!

損益計算書原則一A、発生主義の原則 によりすべての費用は常に支出の時点(財貨・用益の価値費消)の事実に基いて認識される?


------------
 ▽ 解 答
------------
? 引当金の計上については費用収益対応原則により見積もりにより費用として認識される例外もある。




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.