HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




試用販売



試用販売
試用販売については、得意先が買取りの意思を表示することによって売上が実現するのであるから、それまでは、当期の売上高に計上してはならない。



試用販売とは

試用販売とは、買い手に商品を発送し、それを一定期間試用してもらい、その上で買い手にその商品を購入するかどうかを決定してもらう販売形態です。



試用販売における収益の認識

試用販売については、買い手が試用品を受け入れただけでは販売行為は成立せず、買い手が売り手に対し、商品の購入の意思表示をした時点ではじめて販売行為が成立します。そのため売り手は買い手の商品の購入するという意思表示を受けた時点で収益を認識する販売基準が採用されます。






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.