HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




工事完成基準



工事完成基準
工事が完成し、その引渡しが完了した日に工事収益を計上する。



工事完成基準

工事完成基準とは、工事が完成しその引渡が完了した日において収益を認識する方法です。

工事完成基準は、長期請負工事においても一般販売と同様に販売契約の成立はあくまで目的物の引渡し、すなわち工事の完成引渡しであり、収益として受け取る金額が確定し利益の処分可能性が得られるのも工事の完成引渡時の時点であるという考え方にもとづきます。



工事完成基準の欠点

工事完成基準は、工事の完成年度に工事着工から完成までの期間の利益が完成年度に一度に計上されることとなるため、期間業績判定の観点からは望ましくないという欠点があります。

それに対して、現実の建設業者は長期請負工事を数10件または数100件と同時に請負いそれらの工事を同時進行させている場合が多いため、結果として損益は平準化され、期間業績判定の観点から特に問題はないいという反論意見もあります。



関連ページ






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.