HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




営業損益計算の区分



A 営業損益計算の区分は、当該企業の営業活動から生ずる費用及び収益を記載して、営業利益を計算する。二つ以上の営業を目的とする企業にあっては、その費用及び収益を主要な営業別に区別して記載する。



営業損益計算の区分

営業損益計算の区分における損益は、企業本来の営業活動により生じた損益であり、この区分において計算される営業利益は、企業本来の営業活動の成果を示しています。



理解度チェック!

副産物や作業くずの売却収入は臨時の収入であるため営業外収益としなければならない?


------------
 ▽ 解 答
------------
副産物や作業くずの売却収入は本業に付随する収益であるため原則として売上高に計上する。



理解度チェック!

売掛金が期日より早めに入金されたことにより得意先に対して行った割引(売上割引)は本業に付随する行為であるため営業損益としなければならない?


------------
 ▽ 解 答
------------
売上割引は一種の金利であり営業外損益としなければならない。





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.