HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




経常損益計算の区分



B 経常損益計算の区分は、営業損益計算の結果を受けて、利息及び割引料、有価証券売却損益その他営業活動以外の原因から生ずる損益であって特別損益に属しないものを記載し、経常利益を計算する。 



経常損益計算の区分

経常損益計算の区分における損益は、企業本来の営業活動に付随する財務・金融活動により生じた損益です。この区分において計算される経常利益は、企業の正常な収益力を示しています。



理解度チェック!

支払地代は販売費及び一般管理費に該当するため、投資不動産に対する支払地代であっても販売費及び一般管理費とするべきである?


------------
 ▽ 解 答
------------
投資不動産に対する支払地代は企業の投資活動に伴う費用に該当するため、営業外費用とするほうが一般的である。



理解度チェック!

特別損益項目であっても毎期経常的に発生するものは経常損益計算に含めることができる?


------------
 ▽ 解 答
------------
○ 毎期経常的に発生する特別損益項目は経常損益計算に含めることができる。




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.