HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




純損益計算の区分



C 純損益計算の区分は、経常損益計算の結果を受けて、前期損益修正額、固定資産売却損益等の特別損益を記載し、当期純利益を計算する。



純損益計算の区分

純損益計算の区分における損益は、非反復的・非経常的な損益たる臨時損益と、過年度の損益の誤差を修正する前期損益修正項目であり、この区分において計算される当期純利益は、企業の期間的処分可能利益を示しています。



理解度チェック!

過年度の法人税の更生決定による追徴税額は前期損益修正損として損益計算書に計上される?


------------
 ▽ 解 答
------------
追徴税額は損益計算書上、税引前当期純利益から控除する形式で記載する。



理解度チェック!

前期の売上高で当期に返品された異常性のある巨額な売上返品は売上高の控除項目とすることができる?


------------
 ▽ 解 答
------------
異常性のある巨額な売上返品は特別損益に計上するべきである。売上高の控除とすることは適切ではない。また単なる誤謬の訂正ではないため誤謬会計により修正再表示で済ませてしまうことも適切ではない。




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.