HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る


将来に期間に影響する特定の費用



注解15、将来の期間に影響する特定の費用について
「将来の期間に影響する特定の費用」とは、すでに対価の支払が完了し又は支払義務が確定し、これに対応する役務の提供を受けたにもかかわらず、その効果が将来にわたって発現するものと期待される費用をいう。
これらの費用は、その効果が及ぶ数期間に合理的に配分するため、経過的に貸借対照表上繰延資産として計上することができる。



将来の期間に影響する特定の費用

将来の期間に影響する特定の費用とは、すでに対価の支払いが完了しまたは支払義務が確定し、これに対する役務の提供も受けているにも係わらず、その効果が将来の期間にわたって発現するものと期待される費用のことです。

これら将来の期間に影響する特定の費用は、その効果が及ぶ将来期間に合理的に配分するために、経過的に貸借対照表上、繰延資産として計上することができるとされています。


貸借対照表
資産





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!