HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




貸借対照表の区分



貸借対照表原則二、貸借対照表の区分
貸借対照表は、資産の部、負債の部及び資本の部の三区分に分ち、さらに資産の部を流動資産、固定資産及び繰延資産に、負債の部を流動負債及び固定負債に区分しなければならない。



貸借対照表の区分

この規定は、貸借対照表資産の部負債の部資本の部(現在は純資産の部)の三区分を設け、さらに資産の部を流動・固定・繰延資産に、負債の部を流動・固定に分類することを要請しています。

貸借対照表を資産、負債、純資産に区分し、さらに貸借対照表原則三の流動性配列法により配列を行うと貸借対照表が次のようになります。



理解度チェック!

流動負債を流動・固定に区分する基準として正常営業循環基準と一年基準(ワンイヤールール)があるが、支払手形が流動負債とされるのは正常営業循環基準によるからである。


------------
 ▽ 解 答
------------
○ 注解16参照




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!