HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

 財務会計の解説に戻る


財務諸表等規則における財務諸表の体系

貸借対照表
損益計算書
キャッシュフロー計算書
利益処分計算書又は損失処理計算書
附属明細表





商法上の財務諸表(計規の規定)との主な相違点

固定資産の第3区分

計規では固定資産の第3区分を「投資等」としていますが、財規では固定資産の第3区分を「投資その他の資産」としています。

商法上の引当金

計規では商法上の引当金について「注記する」か、または「引当金の区分を設けそこに記載する」こととしているのに対し、財規では商法上の引当金を特別に扱いません。

特別法上の引当金

計規では特別法上の引当金を「引当金の区分を設けそこに記載する」こととしているのに対し、財規では「特別法上の引当金の区分を別に設けてそこに記載する」こととしています。

当期利益の付記書き

計規では貸借対照表の当期未処分利益の金額に当期利益の付記書きをすることとしていますが、財規では当期利益の付記書きを必要とはしていません。





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.