HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

 財務会計の解説に戻る


直接開示の概要

会社が株主に対して送付する定時総会の招集通知には計算書類及び監査報告書の謄本を添付しなければなりません。(商法283条A項)



直接開示の意味

会社の出資者である株主のために、その適正な議決権行使の判断材料として定時株主総会の招集通知書には会社の計算書類と、その計算書類の妥当性についての判断である監査役の監査報告書が添付され、株主に対して直接送付されます。

このように定時総会の招集通知への計算書類及び監査報告書の添付は株主に対して計算書類等を直接送付して情報開示するという方法であるため直接開示と呼ばれます。 



開示される計算書類の一覧

直接開示 間接開示 公告
貸借対照表
損益計算書
営業報告書
利益処分案
附属明細書
監査報告書





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!