HOME財務会計会計原則会計基準会計書籍学校比較リンク集Excel雛形

 財務会計の解説に戻る


企業会計原則が規定する財務諸表

企業会計原則は企業会計の実務のなかで慣習として発達したもののなかから公正妥当であると認められたものを要約したものです。また企業会計原則には証取法会計における処理規定という性格もあります。したがって企業会計原則は会計原則としてあるべき理想の姿から財務諸表の体系を規定しています。

企業会計原則
損益計算書
貸借対照表
財務諸表附属明細表
利益処分計算書



財規が規定する財務諸表

それに対して財務諸表等規則(財規)には証取法会計における表示規定という性格があり、証取法が株式上場会社等に有価証券報告書の提出等を通じて、実際に開示を求めていく際の財務諸表を想定しています。そのため財規は商法の財務諸表との相違点を考慮し調整点も組み込むなどして実際の運用の観点から財務諸表の体系を規定しています。

財務諸表等規則
貸借対照表
損益計算書
キャッシュフロー計算書
利益処分計算書又は損失処理計算書
附属明細表




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.