HOME会計原則財務会計財務諸表会計書籍会計基準簿記検定財務分析決算書雛形税効果



直説法によるキャッシュフロー計算書

詳しい内容はキャッシュフロー計算書の作成と雛形をご覧ください

直説法とは

直説法とは、営業活動によるキャッシュフローをキャッシュに増減を与える主要な原因ごとに、例えば営業活動による収入、商品の仕入れによる支出、人件費の支出というようにキャッシュフローを主要な原因ごとに表示する方法です。雛形はこちら

なお、間接法と直説法という二つの方法の違いは営業活動によるキャッシュフローの表示まであり、投資キャッシュフローの区分以降は同じとなります。



直説法の長所

営業キャッシュフローを構成するキャッシュ項目に関して収支の全貌が把握しやすく、今後のキャッシュフローの予測をする際に便利という利点があり、IFRSにおいては直説法を推奨しています。 



直説法の短所

作成に手間がかかる。また、利益がでているのに営業活動によるキャッシュフローが赤字である場合に、間接法のようにその差異の原因が一目瞭然ではない。



キャッシュフロー計算書の作成
キャッシュフロー計算書の作成目的
キャッシュフロー計算書の必要性
キャッシュフロー計算書の資金の範囲
キャッシュフロー計算書の表示方法
間接法によるキャッシュフロー計算書
直説法によるキャッシュフロー計算書
損益計算書の調整項目
貸借対照表の調整項目
キャッシュフロー計算書の注記事項
キャッシュフロー計算書の表示区分
キャッシュフロー計算書の表示区分
営業キャッシュフロー
投資キャッシュフロー
フリーキャッシュフロー
財務キャッシュフロー
手形割引収入の表示
固定資産の購入の表示
リース取引の表示
法人税等と利息及び配当金





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.