HOME / キャッシュフロー計算書の作成と雛形 /



固定資産購入のキャッシュフロー計算書における表示



固定資産を取得時一括払いで購入した場合

たとえば機械を購入し、その検収と同時に代金を一括払いで購入した場合、その支払いは投資活動によるキャッシュフローに記載されます。(一般的なケース)



固定資産を一括後払いで購入した場合

上記に対して、たとえば代金を検収後半年後に支払うという契約で機械を購入した場合に、その6ヵ月後に支払う代金をキャッシュフロー計算書のどの区分に記載するかには次の二つの考え方があります。なお、どちらの方法を採用するかについては、業界やその会社の取引慣行等を考慮して判断することになります。

  1. その支払いを6ヶ月間の返済猶予を受けたものと考えて財務活動によるキャッシュフローの区分に記載する。
  2. 機械という固定資産の取得に伴う支払いとして通常どおり投資活動によるキャッシュフローの区分に記載する。


固定資産を割賦販売で購入した場合

一方、機械を毎月60回分割払いというような割賦契約により購入した場合には、財務取引としての性格が強いため、財務活動によるキャッシュフローの区分に記載します。



キャッシュフロー計算書の作成
キャッシュフロー計算書の作成目的
キャッシュフロー計算書の必要性
キャッシュフロー計算書の資金の範囲
キャッシュフロー計算書の表示方法
間接法によるキャッシュフロー計算書
直説法によるキャッシュフロー計算書
損益計算書の調整項目
貸借対照表の調整項目
キャッシュフロー計算書の注記事項
キャッシュフロー計算書の表示区分
キャッシュフロー計算書の表示区分
営業キャッシュフロー
投資キャッシュフロー
フリーキャッシュフロー
財務キャッシュフロー
手形割引収入の表示
固定資産の購入の表示
リース取引の表示
法人税等と利息及び配当金




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.