HOME / 連結決算の手順をイメージで解説 /


親会社と子会社の会計処理の統一


連結財務諸表における親会社と子会社の会計処理の統一とは

事業の種類等が同じであるにもかかわらず連結会社間で異なった会計処理を採用している場合、連結財務諸表がグループ全体の姿を適切に表示していないかもしれません。


したがって、同一環境下で行われた同一の性質の取引については、親会社及び子会社が採用する会計処理を原則として統一しなけらばなりません。


しかし、あくまで会計処理の原則及び手続を「統一」することを規定しているのであって、親会社の会計処理に子会社が従わなければならないということを規定しているのではありません。


【連結財務諸表原則】第三、三 親会社及び子会社の会計処理の原則及び手続
同一環境下で行われた同一の性質の取引等について、親会社及び子会社が採用する会計処理の原則及び手続は、原則として統一しなければならない。



同一環境下で行われた同一の性質の取引とは?




原則として統一する会計処理

  • 棚卸資産の評価基準
  • 同じ種類の繰延資産の処理方法
  • 引当金の計上基準
  • 収益の計上基準

統一しなくてもよい会計処理

  • 資産の評価方法
  • 固定資産の減価償却方法


連結会計
連結財務諸表とは
連結財務諸表が必要なのは
子会社の範囲、連結の範囲
連結財務諸表の作成順序
連結決算日
親会社と子会社の連結処理
財務諸表の組替
投資と資本の相殺消去
少数株主持分
部分時価評価法と全面時価評価法



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.