HOME / 環境会計



循環型社会



循環型社会とは、企業が無制約に財を大量に生産し、消費者も消費したものをどんどん廃棄していくというような大量生産・大量消費・大量廃棄の経済構造から脱却した、限られた資源を有効に活用していく経済社会であり、省資源・省エネルギー・リサイクルシステムをベースとする社会です。



循環型社会への対応

企業に対するリサイクル規制、消費者の環境意識の高まりにより、現代の企業は本業である経営活動から利益をあげることだけでなく、地球環境保全にも対応することが求められるようになってきました。そのため今や企業は、環境保全活動をいかに効率的に行うかの戦略的な意思決定とそれに基づいた事業活動など、自主的な環境保全活動までもが求められているといえます。






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.