HOME / 環境会計



持続可能性と説明責任



こうした環境問題に対する意識の高まりは、企業にとって大きな問題となっています。企業としては、環境問題が経営に与える影響を把握し、両者のバランスをとりながら「持続可能性」を確保していくことが求められることとなりました。

これは特に、環境対策に多額の費用が発生することで、経営を圧迫していく可能性があるためです。また、「環境」という公共的な財を使用している企業に対して、環境問題への対応状況や、環境負荷の発生量などを、情報として公表する「説明責任」が主張されるようになりました。これは企業が自社のイメージといった、社会的な持続可能性を保つためにも必要なこととして挙げられます。

更に、グリーンコンシューマーやグリーンインベスターと呼ばれる、環境に配慮した企業を積極的に支持する一般市民の台頭によって、ますます企業としては環境への対応が迫られることとなっています。






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.