HOME / 環境会計



環境会計の利用者



環境会計は情報として、様々なステイクホルダー(利害関係者)に伝えられます。企業の内部においては、経営層や工場長といった人々が経営管理の視点から意思決定に用いることができます。

一方、企業の製品やサービスを受ける顧客や消費者、環境に配慮した投資信託であるエコファンドへの投資家などが、自身の意思決定の参考データとして利用することができます。他にもマスコミ・研究者・政府・銀行・同業他社など、様々な立場のステイクホルダーが、「環境」という側面を加味した上で意思決定を行うことができるようになります。







当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.