HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る


自己株式方式のストックオプションとは

自己株式方式のストックオプションとは、会社が取締役や使用人に対し、会社が保有している自己株式をあらかじめ定められた価格で購入することができる権利(ストックオプション)を付与するものです。

ストックオプションを付与された取締役や使用人は自社の株価が上昇すればストックオプションを行使してあらかじめ定められていた価格で株式を取得し、それを市場で売却することでその差額分の売却益(キャピタルゲイン)を得ることができます。

したがってストックオプションの付与は取締役や使用人に自社の業績向上への有効なインセンティブを与えることができるというわけです。



具体例

たとえば株価が500円の時に会社が取締役に対し、権利行使価格700円のストックオプションを付与したとします。すると取締役はもし会社の株価が700円以上に上昇すればストックオプションの権利を行使することでキャピタルゲインを得ることができます。そのため取締役は一生懸命仕事をして会社の業績を向上させようと努力します。

そしてその後、取締役の努力のかいあって会社の業績が向上し株価も1000円になったとすると取締役はストックオプションを行使して自社株を取得し、すぐにそれを株式を売却すれば300円の利益を得ることができます。








当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!