HOME会計原則財務会計財務諸表ダウンロードおすすめ書籍複式簿記

財務諸表(決算書)に戻る
複式簿記とは


前払金


前払金とは

前払金とは商品を購入する際に支払う手付金などをいいます。不動産を購入する場合や不動産の建築請負契約などではよくあります。


土地を購入する場合

土地やマンションなどの不動産の購入で売買契約書を締結する場合や建築請負契約書を締結する場合にはあらかじめ手付金として前金を支払うのが取引慣例となっています。

ちなみに支払った前金は正式に売買契約書や建築請負契約書が締結されると代金に充当されますが、前金を支払ったのち契約を締結しないで白紙とした場合には支払った前金は違約金として没収されます。

こういった取引において支払う手付金、前金、工事着手金、予約金といったものは経理上、「前払金」として処理します。


関連項目






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000 会計学を学ぼう! All rights reserved.