HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

トップページ > 財務会計 > 複式簿記 > おすすめ電卓




電卓左手打ちのデメリット

電卓左手打ちに慣れるためにはそれなりの練習時間が必要となります。しかし、それを補って余りあるくらい左手打ちにはメリットがたくさんあります。それが正確性アップ疲労軽減時間の有効活用です。


  • 正確性アップ
  • 疲労が少ない
  • 時間の有効活用ができる

しかし電卓左手打ちは左手打ちに慣れるまである程度の練習時間が必要なのと同時に、経理実務に際してやや不便な点もあるというデメリットもあります。



左手打ちは実務上は不便な場合もある

簿記や税理士試験の受験では、文字を書くのと並行して電卓を叩く動作をひたすら繰り返します。したがって電卓左手打ちは受験上は時間短縮等にかなり有効で「できる受験生」の大半が電卓左手打ちをしています。しかし、実務において電卓左手打ちは必ずしも便利というわけではありません。

というのも、実務では片手で領収書等をペラペラめくりながら反対の手で電卓を叩いたり、書類のページを片手で固定しながら反対の手で電卓を叩いたり等、いろいろな作業をしながらその合間にペンを持ったり電卓を叩いたりするからです。それに対して電卓の左手打ちは右手にペンを持ち、左手で電卓を打つという操作に特化しているため、片手で書類を押さえながら電卓操作してさらに文字を書くといった動作にはやや不向きです。したがって場合によっては電卓左手打ちは不便に感じることもあると思います。



目次







当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.