HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

トップページ > 財務会計 > 複式簿記 > おすすめ電卓




指の配置

参考までに、管理人が電卓を左手打ちする際の指の配置について紹介します。(DS-20DT を使用)

1

まず、数字の5の部分に左手の中指を置き、この指を基準として4に薬指、6に人差し指を置きます。
そしてこの三本の指の上下移動によって7・8・9と、1・2・3の数字の入力を行います。

2

次に小指を+/−に置き、+/−とAC(all clear)キーの操作は小指で行います。

3

+や−、=などの演算キーについては、左手人差し指で操作を行います。

4

なお、だけは単純に足し算しかしないのであれば親指で押したほうが指の移動がないため早いのですが、×÷も頻繁に使用することを考慮すると人差し指で全て統一したほうがリズムがよい、等の理由でいろいろ試行錯誤した結果、人差し指による操作としています。


電卓の指の配置(左手打ち)


電卓左手打ちをする際の電卓の配置その他

なお、左手打ちの際に手首の掌底部分を軽くうかせるのか、電卓を机の手前の置くか奥に置くのか等については人によってやり方が異なるかと思いますが、管理人は手は机に接地して安定させ、電卓は机の奥のほう(体から離して)置いています。



おすすめ電卓&電卓左手打ちのすすめ:目次







当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.