HOME会計原則財務会計財務諸表会計書籍会計基準簿記検定財務分析決算書雛形税効果

 財務会計の解説に戻る
 簿記の仕組み・簿記検定に合格する方法に戻る

商業簿記と工業簿記、その他銀行簿記等


日商簿記検定3級

複式簿記は、おおまかに商業簿記と工業簿記に分類されます。日商簿記の学習範囲もこの二つです。

また、あまり一般的には馴染みがないですが、複式簿記には銀行簿記や建設業簿記といったものもあります。

複式簿記とは


商業簿記とは

商業簿記とは、商店や問屋などの商品販売業を想定した簿記であり、外部から購入した(仕入れた)商品を得意先に販売するというような事業形態の会社における簿記をいいます。




工業簿記とは

それに対して工業簿記とは、製造業を想定しており、原材料を仕入れて、それを加工し、できあがった製品を外部に販売するという事業形態における簿記をいいます。

商業簿記と工業簿記は、商業簿記が仕入れた商品をそのまま販売するのに対し、工業簿記は、仕入れた材料に手間をかけて製品を製造し、出来上がった製品を販売するというという違いがあり、工業簿記はその製品の製造のために要した製造原価を集計するという点に特徴があります。



日商簿記検定の学習方法の比較
日商簿記検定学習のコツ・裏ワザ
日商簿記検定・難易度

簿記予備校について
簿記の仕訳について
日商簿記検定・関連リンク



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計連結決算連結納税
会計ソフト会社設立財務会計の解説企業会計原則の解説決算書おすすめ書籍簿記検定Excel雛形

Copyright (C) 2000-2014 会計学を学ぼう! All rights reserved.