HOME会計原則財務会計財務諸表会計書籍会計基準簿記検定財務分析決算書雛形税効果

 トップページに戻る

簿記検定税理士試験|USCPA|BATICFASS検定

米国公認会計士(USCPA)について


米国公認会計士(USCPA)とは

U.S.CPA(U.S. Certified Public Accountant, 米国公認会計士)とは、米国各州が認定する公認会計士資格のことです。

その歴史は、ニューヨーク州において公認会計士制度が創設された1896年にまで遡ることができ、第1回公認会計士試験が施行された1917年から数えても90年以上歴史を誇ります。



このことからもUSCPA(米国公認会計士)は、世界で最も広 く認知されたビジネス資格と言っても過言ではありません。USCPA(米国公認会計士)に並ぶビジネス資格としては、弁護士資格がありますが、弁護士資格 とUSCPA(米国公認会計士)資格の大きな違いは、活躍の場の広がりです。

たとえば現在AICPA(米国公認会計士協会)に登録している会員は、33万人を超えますが、会計事務所で監査業務等に従事するUSCPA(米国公認会計士)は、全体の4割に過ぎません。

その他の6割は事業会社や官公庁で会計・財務を中心とする幅広いポジションで活躍しており、経営職としてCFO(最高財務責任者)さらにはCEO(最高経営責任者)といったポストに就く例も決して少なくありません。



USCPAのニーズと活躍先

経理財務部門の一般企業、監査法人、コンサルティングファーム、金融機関、在外子会社などにおいて、USGAAP(IFRS)の知識や英語力を活かして以下のような幅広い業務において活躍のチャンスがあります。

  • 英文経理
  • M&A
  • コーポレートファイナンス
  • 内部監査・財務管理
  • 米国基準(IFRS基準)による連結決算
  • 米国株式市場公開
  • IR業務


受験概要

受験資格

受験する州により若干の相違がありますが、原則として4年生大学を卒業し、所定の会計科目及びビジネス科目の単位を取得していることとなっています。


受験科目等

FARE Financial accounting & Reporting
(財務会計)
ARE Accounting & Reporting
(特殊会計)
AUDIT Auditing
(監査)
LPR Business Law & Professional Responsibilities
(商法などビジネスに関する法律)

合格基準

各科目100点満点中75点以上得点すること。
(条件付きですが、受験州によっては科目合格の制度もあります。)

平均合格率

各科目 30〜35%
初回受験者4科目合格 16%前後
再受験者4科目目合格 30%前後

受験手続

申込期限 例年6月上旬
申込先 各受験地を管轄する国税局に郵送又は持ち込み
受験料 3,500円(1科目受験時)、4,000円(2科目分)、5,000円(3科目分)、6,500円(4科目分)、7,500円(5科目分)

受験日

年2回、5月と11月の第1水・木曜日の2日間


受験場所

全米各州






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計連結決算連結納税
会計ソフト会社設立財務会計の解説企業会計原則の解説決算書おすすめ書籍簿記検定Excel雛形

Copyright (C) 2000-2014 会計学を学ぼう! All rights reserved.