HOME / 環境会計



環境会計の内容



環境会計を構成する一般的な項目としては、環境保全のための活動に関わる費用(一般に「環境コスト」と呼ばれる)と、それによる効果が挙げられます。

この効果には、実際に経済的な効果として得られるものだけでなく、エネルギー消費の削減量や廃棄物の削減量といった、定量的な効果も存在します。更に費用と効果から効率性を算出し、経年的に比較していくことによって、環境に関わる活動の改善状況を示したり、新たな目標を設定したりすることで、具体的な対応を図りやすくすることができます。

ただし、一般的な財務諸表とは異なり、資産や負債に関してはあまり把握されていないのが現状であり、単なる費用対効果を示すバランスシートとして捉えられがちです。






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.