HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

 財務会計の解説に戻る


商法会計の目的

株式会社は、株主から出資を受け、それを管理・運用する組織体であり、株主は出資額を限度とする有限責任を有するにすぎません。従って会社債権者に対する担保は会社資産だけであり、債権者を保護するため、この担保資産を確保することが商法会計における主たる会計目的とされています。



商法会計の概要

目的 債権者保護
中心課題 配当可能利益の算定
処理規程 商法
表示規定 商法計算書類規則


商法会計の特徴

商法会計は債権者保護のための債権担保力の保全に資するという計算課題の実現のため、「資産の能力と評価」、「負債の能力」、および「資本の充実規定」に企業会計原則などの証取法会計との違いの特徴がみられます。





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!