HOME会計原則財務会計財務諸表|複式簿記|簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

トップページ > 財務会計 > 複式簿記


複式簿記について全てをまとめました




複式簿記・簿記の仕訳
複式簿記とは
複式簿記の仕訳とは
複式簿記の書き方(仕訳のルール)
取引の原因と結果とは
簿記の勘定科目
単式簿記とは
現金と小口現金
簿記の知識の普遍性
簿記学習のコツ
簿記学習のコツ
簿記学習の王道
簿記学習の裏技
会計学を学ぼう!
会計学を学習するメリット
会計学の学び方
簿記学習のすすめ
簿記からのステップアップ
会計とその他関連知識
電卓の選び方・電卓左手うちのススメ


★日商簿記検定の難易度、受験概要等についてはこちらをご覧ください!
★簿記におすすめな電卓の選び方、初心者でもできる電卓左手打ちについてはこちらをご覧ください!


簿記とは

複式簿記について解説する前にまず「簿記」について解説します。

簿記とは、企業の様々な経済活動を一定のルールに従って会計帳簿に記録し、その会計帳簿に基づいて決算書を作成することをいいます。

つまり簿記とは帳簿記帳であり、さらにその帳簿に基いて決算書を作成するところまでを含むということになります。なお簿記は記帳方法の違いにより複式簿記単式簿記とに区分されます。



複式簿記とは

複式簿記は、これがいわゆる一般的に簿記と言われるもので、一般の企業で行われていたり、日商簿記検定の受験対象とされるものです。

その複式簿記ですが、文章で説明するとややややこしいのですが、取引の原因と結果とを同時に会計帳簿に記録・集計する記帳システムとなります。

取引には原因とそれによりもたらされた結果が必ず存在するという取引の法則性に着目した帳簿記帳方法なのですが、人類が発明したもののなかで最も偉大なもののひとつとも言われているとても優れた記帳方法です。

複式簿記は原因と結果という二つの側面から取引を把握することから複式という名前がつけられています。

複式簿記の利点は、取引を原因と結果の二側面から把握するため、財産計算と損益計算とを同時に行うことが可能であること、さらに取引を網羅的に記録するため、会計帳簿を基礎に決算書を作成することが可能であることの2点が挙げられます。

対する単式簿記は、その名のとおり取引を一側面(現金の入出金)から把握するものをいい、いわゆる家計簿がそれに該当します。単式簿記についての解説はここでは省略しますので気になる方はこちらをご覧ください。



複式簿記による記帳方法

複式簿記には仕訳のルールというものがあり、複式簿記による帳簿記帳は仕訳により行います。

仕訳の基礎は日商簿記検定3級で学習しますが、いったん理解してしまえば仕訳というものはすごくシンプルで簡単なのですが、慣れるまでは少し大変かもしれません。

仕訳についての具体的な内容につきましては次のページをご覧ください。実際に仕訳について勉強するにはテキスト等を利用されるのがおすすめです。

また仕訳は、複雑で高度な経済事象を仕訳することによりシンプルに整理できるという特徴があり、帳簿記帳のためだけではなく様々な用途で使用されることがあります。


複式簿記の仕訳とは
複式簿記の書き方(仕訳のルール)


複式簿記の仕訳具体例

仕訳のルールを勉強はとりあえず置いておいて、今は複式簿記というものがだいたいどういうものかだけ分かればいいという方は下の図解の仕訳をご覧ください。Aさんが魚屋を開業し、市場で仕入れた商品である魚の売上代金を現金で回収するまでの一連の取引です。











誘導法による利益の計算

複式簿記は企業の全ての経済取引を継続的に会計帳簿に記録していきます。したがって複式簿記により会計帳簿を作成している場合には、仕訳を集計するだけで決算修正前の貸借対照表損益計算書を作成することが可能となります。

ちなみに上記の魚屋さんの具体例の場合の貸借対照表損益計算書は次のようになります。



このように会計帳簿に基づいて貸借対照表や損益計算書を作成し利益を計算する方法を誘導法といいます。



複式簿記と企業会計原則との関連

企業会計原則には正規の簿記の原則というものがあり、企業は一定の要件に従った正確な会計帳簿を作成しなければならないと規定されています。複式簿記により作成された会計帳簿は、正規の簿記の原則が要請する網羅性、検証可能性、検証可能性の3要件を備えており、正規の簿記の要件を満たしています



複式簿記と青色申告との関連

複式簿記により作成された会計帳簿は青色申告という税務上の優遇の適用を受けるために必要な会計帳簿の要件を満たします。個人事業者が青色申告の適用を受けて複式簿記により会計帳簿を作成して一定の要件を満たすと所得計算上、65万円の控除が認められるためかなり大きいです。



人類の最も偉大は発明のひとつ

上記のような複式簿記のシステムは人類が大昔に発明したものですが、ドイツの文豪ヨハン・ゲーテは、その著書『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』において、複式簿記を人類の最も偉大な発明であると賞賛しています。








簿記一巡の流れ

簿記とは前述のとおり企業の経済取引を仕訳して会計帳簿に記録して財務諸表を作成するまでの一連の作業を指しますが、その簿記一巡の流れは次のようになります。

簿記の一連の流れ



会計ソフトを使用する場合

実務においては会計ソフトに会計取引を入力することにより会計帳簿を作成するのが一般的です。その場合には簿記一巡の流れの作業のいくつかが自動化されます。具体的には仕訳を行うと同時に自動的にAとBが行われます。したがって上記図解の手順が@→C→Dとなります。この場合の試算表の役割は総勘定元帳への転記の正確性を検証ではなく、決算書を作成するための基礎資料へと切り替わります。



主要簿と補助簿

個人事業者で会計ソフトを使わず確定申告を行っている方以外はあまり関係ないことですが参考までに。

会計帳簿には主要簿と呼ばれるものと補助簿と呼ばれるものがあります。具体的には上記図解の赤のアンダーラインのあるものが主要簿で青のアンダーラインが補助簿です。補助簿にはこれ以外に売上帳、得意先元帳、仕入先元帳、現金出納帳等も該当します。青色申告の適用を受けるためには主要簿の作成が必須で補助簿の作成は任意です(※)。会計ソフトを使用している場合にはすべて自動作成されますので全く気にする必要はありません。


※青色申告の承認を受けるためには主要簿の作成が必須とされています。ここには総勘定元帳が含まれるとほぼすべての書籍等に記載されています。しかし、Excelのピボット等で各勘定科目ごとの合計額(残高)を集計している場合には総勘定元帳の作成は必須ではないと個人的に考えています。

その理由は、複式簿記の仕組み上、仕訳帳で仕訳するだけでなく各勘定科目ごとの合計額(残高)を総勘定元帳で集計しなければ決算書を作成するための基礎資料となる試算表が作成できないようになっているため、総勘定元帳は仕訳帳と共にその作成が必須な主要簿という扱いになっているに過ぎないからです。したがって総勘定元帳で詳細に取引を分析する必要性が全くないような零細な個人事業者等でExcelで会計帳簿を作成している場合にはExcelのピボットで全く問題ないはずです。調査が入ることもまずないでしょうし、仮に調査が入って指摘を受けたとしても改めて作成すれば済む話です。



簿記の学習について

簿記の学習は専門学校の利用は必須ではありません。しかし短期間で合格するためには専門学校を利用するのが最短です。専門学校にはいろいろありますがおすすめの専門学校は次のとおりです。

  1. 資格の学校TAC
  2. 資格の大原
  3. クレアール簿記アカデミー

これらの学校は全て会計に関する最高峰の試験である公認会計士試験税理士試験においても定評のある学校ばかりです。



目  次



真実性の原則 資本・利益区別の原則


複式簿記・簿記の仕訳
複式簿記とは(複式簿記入門)
複式簿記の仕訳とは
複式簿記の書き方(仕訳のルール)
取引の原因と結果とは
簿記の勘定科目
単式簿記とは
現金と小口現金
簿記の知識の普遍性
簿記学習のコツ
簿記学習のコツ
簿記学習の王道
簿記学習の裏技
会計学を学ぼう!
会計学を学習するメリット
会計学の学び方
簿記学習のすすめ
簿記からのステップアップ
会計とその他関連知識
簿記検定の概要
日商簿記検定の概要
日商簿記検定・受験日程等
簿記検定・解答解説動画
簿記検定・おすすめ問題集等
簿記検定の難易度
簿記検定3級の学習内容と難易度
簿記検定2級の学習内容と難易度
簿記検定1級の学習内容と難易度
日商簿記検定1級について
簿記検定予備校比較等
簿記検定の予備校比較
簿記検定の受講料のカラクリ
簿記講座の受講料について
独学のメリットデメリット
通学講座のメリットデメリット
通信講座のメリットデメリット
通学講座をおすすめする訳
簿記検定に合格する近道
電卓左手打ち
おすすめ電卓・電卓の選び方
CASIOの電卓とSHARPの電卓
電卓左手打ちのすすめ
電卓左手打ちと経理実務
電卓左手打ちの習得
電卓左手打ちの指の配置
左手打ちにおすすめの電卓
CASIO DS-20DTの特徴
電卓の便利な機能



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.