HOME会計原則財務会計財務諸表ダウンロードおすすめ書籍|複式簿記


複式簿記とは

まず最初に簿記とは、取引を会計帳簿に記録してその会計帳簿に基づいて決算書を作成することをいいます。

次に複式簿記とは、取引の法則性に着目し、取引の原因結果とを同時に会計帳簿に記録・集計する簿記の手法をいいます。

複式簿記は原因と結果とが対になって存在するという取引の法則性に着目し、原因と結果とを同時に会計帳簿に記録する方式をいいます。



 


単式簿記とは

ちなみに簿記には複式簿記以外に単式簿記というものもあります。

単式簿記とは、現金の増加もしくは減少という結果だけを会計帳簿に記録する簿記の手法をいいます。いわゆる家計簿がこれに該当します。したがって簿記といった場合には通常複式簿記を指します。



複式簿記の記録対象

複式簿記が記録の対象とする取引とは、企業が行う取引でお金に換算できるもの全てとなります。したがって複式簿記による会計帳簿には企業が行った取引でお金に換算できるもの全てが漏れなく網羅的に記録されていることを意味します。



 


会計帳簿から決算書を作成できる

複式簿記による会計帳簿には網羅性があるため会計帳簿から損益に関する会計データを集計するだけで一瞬でその会計期間の利益を計算することができます。これが複式簿記です。かなり画期的だと思いませんか?

上記のような複式簿記のシステムは人類が大昔に発明したものですが、ドイツの文豪ヨハン・ゲーテは、その著書『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』において、複式簿記を人類の最も偉大な発明のひとつであると賞賛しています。



複式簿記による記帳方法

複式簿記による記帳は仕訳により行います。仕訳の基礎は日商簿記検定3級で学習しますが、基本的な仕組みさえ理解してしまえばあとはルールに則って機械的に処理するだけですのでとても簡単です。



簿記は江戸時代から日本に定着

簿記は明治時代から日本に定着しておりその時点で基本的な仕組みが完成しています。したがって言い回しなどが古臭くかなり独特です。

最初は違和感を感じると思いますがいったん慣れてしまえばすごく簡単で普遍的でシンプルですのでまず慣れてください。



簿記の学習について

簿記の学習は専門学校の利用は必須ではありません。しかし短期間で合格するためには専門学校を利用するのが最短です。専門学校にはいろいろありますがおすすめの専門学校は次のとおりです。


 
おすすめ会計書籍



複式簿記の仕訳とは








当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2019 会計学を学ぼう! All rights reserved.