HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

財務諸表(決算書)に戻る
複式簿記とは


貸倒引当金


貸倒引当金とは

貸倒引当金とは、期末現在の売上債権の残高のうち、将来の貸倒れに備えて合理的に見積もった金額を売上債権の残高から控除することが認められている評価勘定をいいます。



貸倒れとは

得意先の倒産や受取手形の不渡りなどにより、売掛金や受取手形などの売上債権が回収不能になることをいいます。



関連項目






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!