HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




費用収益対応の原則



損益計算書原則一C、費用収益対応の原則
費用及び収益は、その発生源泉に従って明瞭に分類し、各収益項目とそれに関連する費用項目とを損益計算書に対応表示しなければならない。



費用収益対応の原則

費用及び収益を発生源泉別に分類し、その分類した収益と費用とを損益計算書上、対応表示することをこの原則は要請しています。

対応表示とは、売上高と売上原価のように、成果と努力とがひもづきの関係にある収益及び費用については、その個別的対応関係に基づいて当期の損益計算書に表示し、売上高と販売費一般管理費等のように個別的対応関係が希薄なものについては、当期に帰属する部分を期間対応関係に基づいて損益計算書に表示することをいいます。



発生源泉にもとづく分類

企業の収益力を判断する際には利益の大きさだけでなく、その利益が本業により獲得されたものなのか、それとも投資活動等により獲得されたものなのかという利益の発生源泉や、財務・金融活動それ自体の効率性も判断する必要があります。

また、このような判断を利害関係者が行いうるためにも、企業会計原則は、費用及び収益を損益計算書上で発生源泉別に分類表示することを要請しています。



理解度チェック!

すべての費用は収益との対応に基いて損益計算書に計上される?


------------
 ▽ 解 答
------------
? 販売費一般管理費のように収益との個別的対応ではなく期間対応により損益計算書に費用として計上されるものがある。



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.