HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




税引前当期純利益



損益計算書原則七、 税引前当期純利益
税引前当期純利益は、経常利益に特別利益を加え、これから特別損失を控除して表示する。



税引前当期純利益とは

税引前当期純利益とは、一会計期間に発生した全ての収益から一会計期間に発生した全ての費用を差し引いた、企業の期間的な処分可能利益です。

また税引前当期純利益は、投下資本の回収余剰として、企業の期間的な処分可能利益という側面もあります。




経常性の観点からの分類

費用及び収益は、それが毎期経常的に発生するものなのかどうかにより、経常損益と特別損益とに分類することができます。

その上で、毎期経常的に発生する費用及び収益(経常損益)のみで損益を計算したものが経常利益であり、臨時的な損益を含めて、全ての費用及び収益で損益を計算したものが税引前当期純利益となります。






特別損益項目とは

ちなみに特別損益に属する項目として企業会計原則注解に掲げられている項目には次のようなものがあります。なお、ここで掲げられているものはあくまで例示にすぎず、これ以外の項目であっても特別損益として損益計算書に計上することは可能です。

また、ここに例示されている項目であっても、金額の僅少なもの又は毎期経常的に発生するものは、経常損益計算に含めることができるとされています。つまり、ある費用及び収益を経常損益とするかそれとも特別損益とするのかということは、かなりの部分で経営者の判断に任されているということです。



臨時損益

  • 固定資産売却損益
  • 転売以外の目的で取得した有価証券の売却損益
  • 災害による損失


前期損益修正

  • 過年度における引当金の過不足修正額
  • 過年度における減価償却の過不足修正額
  • 過年度におけるたな卸資産評価の訂正額





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.