HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




会計公準



会計公準とは

会計に関する諸原則が成立するためには、会計の仕組みについていくつかの基本的な前提が広く認められた仮定として存在しなければなりません。

そしてその会計が行われるための社会的に広く認められた仮定、基本的な前提を示しているものが会計公準です。




会計公準の分類

会計公準は、会計を行うために絶対必要な企業会計の構造的な枠組みを示す構造的公準と、企業会計の基本的な目標または命題を示す要請的公準とにおおまかに分類されます。

このうち構造的公準は、企業実体の公準、継続企業の公準、貨幣的評価の公準とに分類され、要請的公準は、有用性の公準、公正性の公準とに分類されます。



関連ページ






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

(C) 2000 会計学を学ぼう!