HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




経常利益



損益計算書原則五、 経常利益
経常利益は、営業利益に営業外収益を加え、これから営業外費用を控除して表示する。



経常利益とは

経常利益とは、営業利益に営業外収益を加え、これから営業外費用を控除したあたあとの利益で、企業の正常な収益力を示す指標であるとされている利益です。

正常な収益力とは、固定資産の売却損益や長期間保有してきた有価証券の売却損益などのような臨時的な損益を除外して、毎期経常的に発生する経常性のある損益項目だけで計算した利益です。

経常利益は、投資家等が企業の業績を判断する上で最も重視する指標のひとつです。ただし近年(平成20年頃〜)は経常利益より当期純利益を重視する傾向のほうが強いです。



経常利益までの表示

売上高からこの経常利益までの損益計算書の表示は次のようになります。









当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.