HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




当期純利益



損益計算書原則八、 当期純利益
当期純利益は、税引前当期純利益から当期の負担に属する法人税額、住民税額等を控除して表示する



当期純利益とは

当期純利益とは、税引前当期純利益から法人税などの利益にかかる税金(およそ20%から40%程度)をを差し引いたものです。したがって当期純利益は、法人税という社会的なコストを支払った上での純粋な企業の経営活動の成果といえます。






当期純利益の比較可能性と税効果会計

法人税は法人税法等の規定によって会計計算とは切り離されて別個に計算されるものであるため、それを差し引いて算出される当期純利益は、厳密な意味では企業の純粋な収益力を示さず、期間比較性が損なわれているといえます。

もちろん当期純利益が企業の法人税という社会的なコストを支払った上での純粋な経営活動の成果であることと、そもそも企業の営業目的である利潤の最大化は税引き後の利益をベースに考えるべきでものであることから、全く無意味な数値というわけではありません。

それに対して、会計計算と税金計算との期間的なズレの原因となってしまう項目を会計上適切に割り振ることで当期純利益の期間比較性が確保する会計処理が税効果会計です。







当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.