HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




繰延資産



貸借対照表原則一D、繰延資産の計上
将来の期間に影響する特定の費用は、次期以降の期間に配分して処理するため、経過的に貸借対照表の資産の部に記載することができる。



企業会計原則の取り扱い

会計学上、費用は発生の事実に基づいて計上(発生主義の原則)するのが大原則となりますが、費用のなかには、その支出の効果が当期だけでなく、将来にわたって発現するものがあります。

そこで企業会計原則は、費用については発生主義により計上することを原則としつつも、「将来の期間に影響する特定の費用」については、貸借対照表資産の部に計上することを認めています。

これを繰延資産といいます。

繰延資産は、現実の会計実務において、財産価値がまったくない繰延資産を貸借対照表に計上することを嫌う傾向があるため、これを資産計上する会社はほとんどありません。

銀行に融資を申し込む際などに貸借対照表を提出しますが、繰延資産がもし貸借対照表に計上されていたとしても総資産からマイナスされ、なかったものとされます。(実態修正

しかしながら、期間損益計算の適正化という観点からは、繰延資産は特別な取り扱いが認められているとおり、会計理論上重要な概念のひとつとなっています。



将来の期間に影響する特定の費用

将来の期間に影響する特定の費用とは、企業が創立するまでに要したコスト(創立費)や、株式発行に要したコスト(新株発行費)などのように、その支出の効果が当期だけのものでなく、将来にわたって長期的に発現すると見込まれる費用のことをいいます。

将来の期間に影響する特定の費用は、本来は純然たる費用として損益計算書に計上されるべき項目ですが、その効果が将来にわたって長期的に発現するため、その効果の発現する将来期間にわたって配分して費用計上したほうが、収益との対応関係を重視した適切な損益計算を行うことができることから、期間損益計算の適正化を重視する企業会計原則は、これをいったん資産として貸借対照表に計上し、効果の発現する期間に応じて長期的に費用を配分することを認めています。(費用配分の原則

なお、資産の本質を「換金価値」や「支払能力」ととらえた場合、売却して換金するができず、また、借入金の返済資産として利用することもできない繰延資産には資産性はゼロとなります。したがって前述のとおり、銀行では融資先企業の貸借対照表を読む際、繰延資産の金額を総資産からマイナスしてなかったものとします。

しかし資産の本質を「用役潜在力」ととらえると、当期または当期以前の費用的支出うち、その効果が次期以後の将来期間にわたった発現すると期待される繰延資産には用益潜在力があり、資産性があるといえます。






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.