HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

財務諸表(決算書)に戻る
複式簿記とは


未収収益


未収収益とは

未収収益とは、契約に従い継続して役務の提供を行っている場合に、すでに提供を行った役務に対していまだその対価の支払いを受けていないものをいいます。このような役務に対する対価は時間の経過に伴い当期の収益として計上すべきものであるため、当期の損益計算書に計上するとともに、貸借対照表の資産の部に未収収益として計上しなければならない。



関連項目






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.