HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
企業会計原則の解説に戻る




保守主義の原則



一般原則六、保守主義の原則
企業の財政に不利な影響を及ぼす可能性がある場合には、これに備えて適当に健全な会計処理をしなければならない。



保守主義の原則とは

保守主義の原則は、予測される将来の危険に備えて慎重な判断に基づく会計処理を行うことを要請する原則です。

今日の企業は資本主義経済の下、絶えず競争にさらされながら事業活動を営んでいます。したがって企業の事業活動をより長く継続させるためには、将来の予期せぬ事態に備えて利益を控えめに計算し、企業体力を温存するような会計処理を許容することも必要になってきます。

そしてこのような保守的な会計処理は企業会計の実務において古くから慣行として一般的に行われています。

したがって、実務の中から公正妥当と認められる会計慣行を抽出して作成されたという性格を持つ企業会計原則においても、実務上の会計慣行である保守的な会計処理を認めることとしています。

ただし後述しますが、保守的な会計処理を採用することを認めてはいるものの、過度に保守的な会計処理は明確に禁止しています。



保守的な会計処理とは

ちなみに保守的な会計処理とは、収益をできるだけ確実なものだけ計上し、費用は細大もらさず計上することによって利益をできるだけ控えめに計上することにより、資金の社外流出を少なくする会計処理を選択することいいます。

つまり企業会計原則で認めている保守的な会計処理とは、制度会計上認められた二つの会計処理のうちいずれか一方のより保守的な会計処理の選択を認めるという範疇であり、売上げを意図的に隠したりするような利益隠しまで認めているわけではありません。



制度会計上の保守的な会計処理

企業会計原則で認められている保守的な会計処理の選択の代表的なものは次のとおりです。

  • 期末棚卸資産の評価方法における低価基準の採用
  • 減価償却における定率法の採用
  • 割賦販売収益の認識における回収基準の採用


過度に保守的な会計処理の禁止
真実性の原則


過度に保守的な会計処理の禁止

保守的な会計処理は企業の財務的健全性を高め、事業を存続させていくために必要とされ、広く社会的に行なわれています。

しかし、企業会計原則が認めている保守的な会計処理は、会計処理を選択適用する際の一つの判断基準としての保守主義であり、利益を過小に表示するために利益を隠匿したり利益積立金を積み立てることなどの過度に保守的な会計処理を認めているものではありません。

そこで企業会計原則は、注解4において、会計処理の判断基準としての保守主義と過度に保守的な会計処理とを明確に区別し、過度に保守的な会計処理は企業の真実な報告を歪めるものとして明確に禁じています。

保守主義の原則



理解度チェック!(保守主義の原則)

保守的な会計処理は企業の財務的健全性を高め、事業を存続させていくために必要とされ、社会的に広く認められています。

しかし、企業会計原則が認めている(1)___な会計処理は、会計処理を選択適用する際の一つの判断基準としての保守主義であり、利益を過小に表示するために利益を隠匿したり利益積立金を積み立てることなど、(2)___に保守的な会計処理を認めているわけではありません。

そこで企業会計原則は、会計処理の判断基準としての保守主義と過度に保守的な会計処理とを明確に区別し、過度に保守的な会計処理は企業の(3)___な報告を歪めるものとして明確に禁じています。



 ------------
 ▽ 解 答
 ------------

 (1) 保守的
 (2) 過度
 (3) 真実



目  次

一般原則

真実性の原則 (企業会計の最高規範)
正規の簿記の原則 (網羅性・立証性・秩序性)
資本・利益区別の原則 (適正な期間損益)
明瞭性の原則 (明瞭表示と適正開示)
継続性の原則 (会計方針の継続適用)
保守主義の原則 (会計慣行)
単一性の原則 (実質一元・形式多元)


継続性の原則 単一性の原則



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.