HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




損益計算書の利益

損益計算書とは収益とは費用とは|損益計算書の利益

利益とは

利益とは、企業が事業活動により獲得した儲けをいい、株式会社などの企業(営利企業)はこの利益を獲得することをその事業活動の目的としています。

利益は収益から費用を差し引いくことで計算されます。
収益 − 費用 = 利益

会計上、利益には売上総利益、営業利益、当期純利益等、様々な種類がありますが、それらは全て決算書損益計算書において記載されています。

収益とは
費用とは
損益計算書とは


損益計算書における利益の表示

損益計算書において利益は、(1)企業本来の営業活動により獲得した利益、(2)本業の営業活動に加えてそれに付随する金融・投資活動等も考慮した上で計算した利益、(3)さらにその他全ての損益を考慮した上で計算した最終的な利益と、最終的な利益を計算する過程において段階的に利益を計算する仕組みになっています。
(企業会計原則、損益計算諸原則二、損益計算書の区分)

損益計算書の区分(企業会計原則)
企業会計原則の解説


損益計算書の様式

損益計算書は、ある会計期間における、その企業の本業で獲得した売上高の合計額から、その売上高に対応する原価と事業を行う上で必要な販売費および一般管理費等の経費を差引くことで、最終的な利益(当期純利益)を計算するという構成になっています。



売上総利益
営業利益
経常利益
税引前当期純利益
当期純利益


営業損益計算の区分

営業損益計算の区分は、売上高、売上原価、そして給与や家賃といった販売費及び一般管理費経費といった企業本来の営業活動により生じた損益からなります。この区分において計算される営業利益は、企業本来の営業活動の成果を示します。



営業利益

企業が営業活動を営むためには店舗の電気代などの水道光熱費から電話代といった通信費、店舗家賃など、営業活動を継続していくために必然的に必要とする一般管理費や、広告宣伝費など の販売費を必要とします。

したがって企業の本来の営業活動の成果としては、企業活動の付加価値の源泉たる売上総利益からこれらの「販売費及び一般管理費」を差し差し引いてて判断す べきとなります。それによって計算された利益こそが「営業利益」です。営業利益は企業本来の営業活動の成果を示しています。



経常損益計算の区分

経常損益計算の区分は、支払利息や受取配当金といった企業本来の営業活動に付随する財務・金融活動により生じた損益からなります。この区分において計算される経常利益は、企業の正常な収益力を示します。



経常利益

経常利益とは、営業利益に営業外収益を加え、これから営業外費用を控除したあたあとの利益で、企業の正常な収益力を示す指標であるとされるものです。

正常な収益力とは、固定資産の売却損益や長期間保有してきた有価証券の売却損益などのような臨時的な損益を除外して、毎期経常的に発生する経常性のある損益項目だけで計算した利益です。

経常利益力は、投資家が企業の業績を判断する上で最も重視する指標のひとつです。



純損益計算の区分

純損益計算の区分における損益は、非反復的・非経常的な損益たる臨時損益と、過年度の損益の誤差を修正する前期損益修正項目であり、この区分において計算される当期純利益は、企業の期間的処分可能利益を示しています。



税引前当期純利益

税引前当期純利益とは、企業の正常な収益力である経常利益に非反復的・非経常的な損益である特別利益、特別損失を加味した損益、すなわち、一会計期間に発生した全ての収益から一会計期間に発生した全ての費用を差し引いた、企業の期間的な処分可能利益です。



期間損益計算の方法

企業のある一会計期間の経済活動の結果獲得された利益を算定する期間損益計算の方法には、財産法と損益法という二つの方法があります。

期間損益計算の方法
静態論と動態論

関連ページ

以下、「利益」に関連するページです。

資本利益区別の原則
期間損益計算
売上高利益率
ROA(総資産利益率)
ROE(自己資本利益率)
損益分岐点
税効果会計とは






当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.