HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形
財務会計の解説に戻る




損益計算書

損益計算書とは|収益とは費用とは損益計算書の利益

 T売上高
 U売上原価
×××
×××
    売上総利益
 V販売費及び一般管理費
    減価償却費
×××
×××
×××
    営業利益
 W営業外収益
 X営業外費用
×××
×××
×××
    経常利益
 Y特別利益
 Z特別損失
×××
×××
×××
    税引前当期純利益
    法人税、住民税及び事業税
    法人税等調整額
×××
×××
×××
    当期純利益 ×××


損益計算書とは

損益計算書とは、その会計期間の経営成績を表示する報告書です。 経営成績とは利益の大きさとその利益の発生過程をいいます。



利益とは

利益とは、企業が事業活動により獲得した儲けをいい、ほとんどすべての会社はこの利益を獲得することを目的としています。利益といったら通常は損益計算書の最終利益である当期純利益を指します。

利益は収益から費用を差し引いくことで計算されます。
収益 − 費用 = 利益

収益とは
費用とは




利益の発生過程

損益計算書を見る場合にほとんど全ての人が一番興味あるのが「いくら儲かったか」、つまり儲けである利益の大きさです。

利益とは一般的には損益計算書の最終利益である当期純利益(下の図のオレンジ部分)を意味しますが、損益計算書では当期純利益の計算過程で区切りを入れて、段階的にその区切り時点の利益も計算します。それが下の図の白い部分、売上総利益や営業利益などです。

損益計算書 イメージ図

このように利益を段階的に計算することによって当期純利益の大きさだけではなく、どのような活動に起因して儲かったのか、またはその逆にどのような活動が足を引っ張ったのか等を明らかにすることができます。



売上総利益

売上総利益は売上高から売上に対応する売上原価を控除したものになります。粗利とも呼ばれます。

詳細はこちらをご覧ください。詳しく解説しています。


営業利益

営業利益は企業本来の営業活動の成果を示す利益です。

営業利益は損益計算書の営業損益計算の区分で計算されますが、売上高から売上原価を差引くだけではなく、さらに給与や家賃といった企業本来の営業活動に不可欠な費用(販売費及び一般管理費経費)も考慮した上での利益となります。こちらでも解説しています。



経常利益

経常利益は企業の正常な収益力を示す利益です。

経常利益は上の営業利益に営業外収益と営業外費用を考慮した後の利益で、企業の正常な収益力を示す指標であるとされるものです。

正常な収益力とは、固定資産の売却損益や長期間保有してきた有価証券の売却損益などのような臨時的な損益を含めないで毎期経常的に発生する経常性のある損益項目だけで計算した利益をいいます。経常利益力は、投資家が企業の業績を判断する上で最も重視する指標のひとつです。こちらでも解説しています。



税引前当期純利益

税引前当期純利益とは、企業の正常な収益力である経常利益に非反復的・非経常的な損益である特別損益を加味した利益で、言い換えると一会計期間に発生した全ての収益から一会計期間に発生した全ての費用を差し引いた企業の期間的な処分可能利益となります。

ただし税引前当期純利益はその名前のとおり、法人税等の利益にかかる利益は考慮しません。こちらでも解説しています。



期間損益計算の方法

期間損益計算の方法には、財産法と損益法という二つの方法があります。興味のある方はお読みください。

期間損益計算の方法
静態論と動態論


関連ページ

以下、「利益」に関連するページです。

資本利益区別の原則
期間損益計算
売上高利益率
ROA(総資産利益率)
ROE(自己資本利益率)
損益分岐点
税効果会計とは



過年度比較、同業他社比較が必須

損益計算書を読む場合には、その会計期間の損益計算書を見るだけではなく、その会社の過年度の損益計算書の数字と比較してその推移を見てみたり、同業他社の業界標準値等と比較するほうがよいです。



損益計算書には前期繰越利益は記載しない

損益計算書とは、その会計期間の経営成績を示すものです。したがって、過年度の留保利益(前期繰越利益)がいくらあろうと当期の損益計算書には一切影響しません。以前の会計基準では損益計算書に前期繰越利益を記載する形式となっていましたが、2000年くらいに行われた会計基準の改正により損益計算書は当期の収益費用のみしか記載しないこととなったため注意が必要です。



損益計算書のExcelテンプレート

当サイトで公開している損益計算書のExcelテンプレートで主なものは次のとおりです。その他のExcelテンプレートはこちらをご覧ください。




損益計算書に関する企業会計原則の規定

損益計算書原則一、損益計算書の本質
損益計算書は、企業の経営成績を明らかにするため、一会計期間に属するすべての収益とこれに対応するすべての費用とを記載して経常利益を表示し、これに特別損益に属する項目を加減して当期純利益を表示しなければならない。
解説ページへ


損益計算書原則一A、発生主義の原則
すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上し、その発生した期間に正しく割当てられるように処理しなければならない。ただし、未実現収益は、原則として、当期の損益計算に計上してはならない。解説ページへ


損益計算書原則一B、総額主義の原則
費用及び収益は、総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺することによってその全部又は一部を損益計算書から除去してはならない。
解説ページへ


損益計算書原則一C、費用収益対応の原則
費用及び収益は、その発生源泉に従って明瞭に分類し、各収益項目とそれに関連する費用項目とを損益計算書に対応表示しなければならない。
解説ページへ


損益計算書原則三B、実現主義の原則
売上高は、実現主義の原則に従い、商品等の販売又は役務の給付によって実現したものに限る。ただし、長期の未完成請負工事等については、合理的に収益を見積もり、これを当期の損益計算に計上することができる。
解説ページへ







当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.