HOME会計原則財務会計財務諸表会計書籍会計基準簿記検定財務分析決算書雛形税効果



キャッシュフロー計算書とは

詳しい内容はキャッシュフロー計算書の作成と雛形をご覧ください

キャッシュフロー計算書とは

キャッシュ・フロー計算書(Cash Flow Statement)とは、企業の一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を利害関係者に報告するために作成される財務諸表です。キャッシュフロー計算書はC/S、またはC/Fと略されます。

ちなみにキャッシュフローとは、ある会計期間において企業にどれだけの資金が流入し、どれだけの資金が流出していったかという資金の流れのことを指します。そして資金の流入をキャッシュインフロー(Cash Inflow)、資金の流出をキャッシュアウトフロー(Cash Outflow)といいます。

キャッシュフロー計算書は、公開企業等の金融商品取引法が適用される企業においては作成が義務付けられていますが、その他の中小企業において作成が義務付けられていません。

したがってキャッシュフロー計算書は、貸借対照表や損益計算書のように全ての法人・個人事業者が必ず作成しなければならないものではなく、貸借対照表や損益計算書と比較するとまだまだ歴史が浅いため、その運用の仕方があまり一般的ではないため軽視されがちです。

しかし、キャッシュフロー計算書が対象とするキャッシュ(資金)とは、人間にとっての血液に相当する企業の経営にとって超重要な要素であり、血液が正常に循環しなければ人間の生命活動が停止してしまうのと同様に、キャッシュがうまく循環してくれないと企業は簡単に倒産の危機に陥ってしまいます。

キャッシュフロー計算書の必要性等に関する詳細についてはこちらをご覧ください。



キャッシュフロー計算書の雛形

前述のように、キャッシュフロー計算書とは、ある会計期間において企業にどれだけの資金が流入し、どれだけの資金が流出していったかというキャッシュフローの状況を利害関係者に報告するために作成される財務諸表ですが、下記のように二種類の様式があります。



キャッシュフロー計算書の作成
キャッシュフロー計算書の作成目的
キャッシュフロー計算書の必要性
キャッシュフロー計算書の資金の範囲
キャッシュフロー計算書の表示方法
間接法によるキャッシュフロー計算書
直説法によるキャッシュフロー計算書
損益計算書の調整項目
貸借対照表の調整項目
キャッシュフロー計算書の注記事項
キャッシュフロー計算書の表示区分
キャッシュフロー計算書の表示区分
営業キャッシュフロー
投資キャッシュフロー
フリーキャッシュフロー
財務キャッシュフロー
手形割引収入の表示
固定資産の購入の表示
リース取引の表示
法人税等と利息及び配当金





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.