HOME会計原則財務会計財務諸表会計書籍会計基準簿記検定財務分析決算書雛形税効果



間接法によるキャッシュフロー計算書

詳しい内容はキャッシュフロー計算書の作成と雛形をご覧ください

間接法とは

間接法とは、損益計算書の税引前当期純利益を始点とし、そこにいつくつか調整項目(下記参照)を加算減算して営業活動によるキャッシュフローを表示する方法です。雛形はこちら



なお、間接法直説法という分類は営業キャッシュフローまでの表示が異なるのみであり、投資キャッシュフローの区分以降は全く同じです。



間接法の長所

損益計算書の利益とキャッシュフロー計算書のキャッシュとの関係が明らかになる。また、直接法より簡便的に作成することができる。



間接法の短所

営業キャッシュフローを構成するキャッシュ項目を直接把握することができない



キャッシュフロー計算書の作成
キャッシュフロー計算書の作成目的
キャッシュフロー計算書の必要性
キャッシュフロー計算書の資金の範囲
キャッシュフロー計算書の表示方法
間接法によるキャッシュフロー計算書
直説法によるキャッシュフロー計算書
損益計算書の調整項目
貸借対照表の調整項目
キャッシュフロー計算書の注記事項
キャッシュフロー計算書の表示区分
キャッシュフロー計算書の表示区分
営業キャッシュフロー
投資キャッシュフロー
フリーキャッシュフロー
財務キャッシュフロー
手形割引収入の表示
固定資産の購入の表示
リース取引の表示
法人税等と利息及び配当金





当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2016 会計学を学ぼう! All rights reserved.