HOME / キャッシュフロー計算書の作成と雛形 /



リース取引のキャッシュフロー計算書における表示



(借手側)オペレーティングリースの場合

リース取引については、借手側と貸手側に分けて考えます。

まず、借手側のオペレーティングリースの場合については、賃借料等として販売費及び一般管理費に計上されている金額を営業活動によるキャッシュフローとして処理します。



(借手側)ファイナンスリース取引の賃貸借処理の場合

所有権移転外ファイナンスリースを賃貸借処理している場合には、オペレーティングリースと同様に支払いリース料を営業活動によるキャッシュフローとして処理します。



(借手側)ファイナンスリース取引の売買処理の場合

所有権移転ファイナンスリースを売買処理している場合には、実質的に固定資産を割賦購入しているのと同様であることから、元本返済額部分の支払いについては財務活動によるキャッシュフローとして処理し、利息部分については支払利息の表示区分に従ってキャッシュフロー計算書に記載します。

なお、元本返済部分と利息部分とが明確に区分されていない場合には、支払いリース料を財務活動によるキャッシュフローとして処理します。



(売手側)リース取引

売り手側のリース取引については、主たる事業としてリース料を受け取っているか否かにより営業活動によるキャッシュフロー、もしくは投資活動によるキャッシュフローとして処理します。



キャッシュフロー計算書の作成
キャッシュフロー計算書の作成目的
キャッシュフロー計算書の必要性
キャッシュフロー計算書の資金の範囲
キャッシュフロー計算書の表示方法
間接法によるキャッシュフロー計算書
直説法によるキャッシュフロー計算書
損益計算書の調整項目
貸借対照表の調整項目
キャッシュフロー計算書の注記事項
キャッシュフロー計算書の表示区分
キャッシュフロー計算書の表示区分
営業キャッシュフロー
投資キャッシュフロー
フリーキャッシュフロー
財務キャッシュフロー
手形割引収入の表示
固定資産の購入の表示
リース取引の表示
法人税等と利息及び配当金




当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
姉妹サイト:決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形連結決算の手順をイメージで解説
主なコンテンツ:財務会計の解説企業会計原則の解説会計学学習のすすめおすすめ書籍

Copyright (C) 2000-2011 会計学を学ぼう! All rights reserved.