HOME会計原則財務会計財務諸表複式簿記簿記検定会計書籍会計基準財務分析決算書雛形

トップページ > 財務会計 > 複式簿記 > 簿記学習の王道




簿記学習の王道

簿記学習の王道は「問題集を繰り返し繰り返し復習すること」それだけです。「どうしてそうなるのか?」や「どうしてそうやるのか?」等、勉強をしてると疑問がわいてくると思いますが最初の段階では深く理由を考えないほうがよいです。もともとたいして意味なんてない場合もあるからです。

例えば簿記3級の最重要論点である下記のような繰越商品の仕訳があります。

(仕入)×× (繰越商品)××
(繰越商品)××(仕入)××


なぜこのような仕訳をきるのか、その理屈は最初の段階では全く理解できないはずです。また、こういった仕訳の理屈を理解しているかどうかは簿記検定の合格には全く影響がありません。むしろ、いちいちこういったところで立ち止まってしまうのは時間の無駄です。

したがって少々乱暴ですが、簿記学習の最初の段階では馬鹿の一つ覚えのように「しくり・くりし」とだけ覚えておくだけでよいと思います。

簿記は単なる帳簿記入のルールであり、パズルみたいなものと割りきって、理論的なことはいずれ会計学や法人税法を学ぶ段階になったら理解できるようになると考え、簿記検定3級を学習する段階ではただひたすら繰り返し問題集を解くのが簿記学習の王道です。

簿記学習の王道は理屈を考えないでとにかく手順を覚えてしまうということに尽きます。簿記3級の学習の段階で全く理解できなかったこういった理屈も会計学を勉強すると幕がパーッと開くように全てわかるようになってきます。




目  次



簿記学習のコツ 簿記学習の裏技



当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2017 会計学を学ぼう! All rights reserved.