HOME会計原則財務会計財務諸表ダウンロードおすすめ書籍複式簿記


会計帳簿から決算書を作成

複式簿記により会計帳簿を記帳している場合にはその会計帳簿を基礎として決算書を作成することができます。これを誘導法と呼びます。

誘導法という名称はさておき複式簿記の仕訳から決算書作成までの流れを図解すると次のとおりです。


 


 












このように仕訳したあと財産に関する金額だけを集すると貸借対照表になり、損益に関する金額だけを集計すると損益計算書になります。それが複式簿記です。


 

ちなみに、簿記を会計帳簿に記帳するところまでだと考えてる方がもしかしたらいらっしゃるかもしれませんがそれは間違いです。簿記とは会計帳簿に記録することとその会計帳簿に基づき決算書を作成することの両方を含んだものです。



 



 
おすすめ会計書籍



取引の分類 簿記一巡の流れ








当サイトについてリンクについてお問い合わせサイトマップ
決算書の読み方・財務分析のしかたキャッシュフロー計算書の作成と雛形税効果会計
連結決算連結納税税理士試験会社設立

Copyright (C) 2000-2019 会計学を学ぼう! All rights reserved.